弥勒と声聞

素材 : ダイクロガラスなど、木、畳
協力:グラススタジオカローレ

私は中宮寺の弥勒菩薩には、宇宙的郷愁Cosmic Nostalgaを感じる。 誰の中にも、郷愁が存在しており、それは神や故郷といったものではなく、普遍的な美の中に見いだすことがある。 ここに居る声聞は、私たちであり、56億7千光年の後に来迎する弥勒菩薩を愛している。

 

なら芸術文化村ホームページ